プレシジョンフィットのフォローについて。

投稿日:


プレシジョンフィットを受けた後は「フォローフィット」を受けてください。

好評をいただいております「プレシジョンフィット」施工後は「変わった!」「楽になった!」とおっしゃって頂いております。
フィッターは実走の経験に基づいて「ローラー台上だけで力強く漕げる」セッティングにはしないように「走っている時のフィーリングが良くなるように」考えながらハンドリングなども考慮に入れた仕上げを考えております。

しかし、あくまでもそれは「ローラー台の上」でセットを完成させますので、外を走った時の感覚と完全に同じではありません。これは「ローラーだけでトレーニングをしていると実走で上手に走れなくなる」のと少し似ています。

「プレシジョンフィット」を受けた後のフォローについてですが施術から2ヶ月以内に2回程度であれば無償でお受け頂けます。

・力が入るし楽なんだけど、長距離走るとちょっとサドルが痛く感じる
・もう少しだけ攻めたポジションを試してみたい
・楽だけど、下りが少し怖い感じがする

こんな感じの手直しが多いです。
事前にご連絡を頂いても良いですし、作業などでお待ちいただく場合もございますが、ライドのついでに寄って頂いてご相談に乗る事も可能です。

3つの「ル」のつくパーツを交換する際はご相談ください!

自転車には「3つのル」という言葉がありまして、「ペダル」「サドル」「ハンドル」を指します。バイクとライダーはこの3箇所で接しています。つまりバイクのフィッティング上のではこの3つのパーツが大きな役割を果たしています。ペダルに関しては「シューズ」と「ペダル」なんですけどね

もしフィットをお受けになった後で、ここに関するパーツを交換される際は、是非ご相談くださいませ。アセスメント時のデータなどがありますので、ライダーに「合う」「合わない」のジャッジが出来ます。また、そのパーツのセッティングなども是非お任せ下さい。
フォローフィットの期間を過ぎたら「基本フィッティング 30分 4000円」となりますが、アセスメントに基づいたフィッティングを出すことができます。

また「フレームを変えたいんだよね」こんな相談もお受けいたします。
「まぁ、乗り換えるなら当然トレックでしょ!」
なのですが他のメーカーの場合でもご相談くださいませ。載せ替え後のフィットはフィッティング施工後半年程度であれば「身体の柔軟性などの条件」が変わることが少ないので12000円(税込)でお受けいたします。(ワイヤーの長さが変わったり、バーテープなどの巻き直しが生じる際は別途費用がかかります)

それ以外の相談もお受けいたしますので、気軽にお店でお声がけくださいね。

 


-バイクフィッティング, ブログ

Copyright© サンクスサイクルラボ西葛西店|葛西・浦安で自転車屋をお探しなら , 2018 AllRights Reserved.