出ましょう!「ツール・ド・おきなわ」

投稿日:


 

「ホビーレーサーの甲子園」と呼ばれる「ツール・ド・おきなわ」に参加しませんか?

仲間内のと長距離ライドも楽しいのだけど、もう少しだけ刺激が欲しい。。。
エンデューロには参加してみて、楽しかったので、もっと別の事がしてみたい!
まだエントリー開始までは、まだまだ先ですがもうこの11月のレースに向けてトレーニングや準備を進めている仲間が沢山いるのです。それも日本全国に散らばる沖縄でしか会わない自転車仲間。
1回出たら。。。「もう毎年そこに行きたくなる」そんな魅力がこのイベントにはあります。

日本国内の公道レースでは5〜15キロの周回でレースが行われます。
これに対しツール・ド・おきなわでは、ほぼ1ウェイの設定です。210キロも「ダムの登り」以外は1ウェとなっています。また周回コースでは先頭通過から数分で、レースから除外されてしまいますが「おきなわ」なら完走は大変ですが、ハードルは若干低いとも言えます。

 

「ガチレース」だけじゃない!ツール・ド・おきなわの魅力

おきなわは210キロ・140キロ・100キロ・50キロの市民レース部門がありますが「本島1周343キロサイクリング」「やんばるセンチュリーライド176キロ」などチャレンジングなライドも沢山あります。70キロ前後のクラスであれば、ロードバイクの経験が多少あれば完走も可能だと思いますよ!
いわゆる「レース」ではないです。自分のペースで「おきなわ」の道も景色も思い切り楽しむ事ができます!
メディアではどうしても「市民レース」「国際レース」にフォーカスが行きがちですが、センチュリーライド部門も魅力的なのです。家族やパートナーと一緒に思い切りサイクリングを楽しむ事が出来ます。

サンクスサイクルラボでは「ツール・ド・おきなわ」にチャレンジする方を応援します!

 

毎年レースの応募は8月ごろですが「せっかく出るのだからキチッと準備」しましょう!サンクスサイクルラボでは、その為のお手伝いをします。各種「ビギナーライド」「トレーニングライド」などのライドイベントや講習などで、ライドスキルやフィジカルを身につけられるでしょう。
また、ちょっとだけ沖縄に在住経験があったり、市民も国際も走った事あるヨシノリ店長にご相談ください。
オーバーホールやメンテナンス、おきなわの各種イベントに合った機材(フレームやホイールなど)についても的確にアドバイスをする事が出来ます。

もしよろしければ過去のレースレポートや観光ブログ(笑 機材に関するブログもご覧くださいね

 


-ツールドおきなわ, ツール・ド・沖縄, ブログ, ヨシノリ店長の雑記

Copyright© サンクスサイクルラボ西葛西店|葛西・浦安で自転車屋をお探しなら , 2018 AllRights Reserved.