茨城シクロクロス#3 城里町 ふれあいの里ステージ参戦してきました

投稿日:


「茨城シクロクロス#3ふれあいの里」へ行って来ました。

お客様とシクロクロスに参戦して参りました。「茨城シクロクロス 城里町ステージ」今までは小岩店のイベントにヨシノリ店長が相乗りする形でしたが、今回からは西葛西店のお客様とも一緒に参戦。

■シクロクロスってなぁに

シクロクロスは最近人気の高まってきた自転車レースです。ロードバイクに似た自転車でオフロードを走行する自転車競技で、1周約2キロ程度の周回コースで競われます。自然の地形を利用する事と、人工的な「シケイン」「バリア」と呼ばれる障害物が設置されます。そのセクションでは自転車を降りて担いだり、走ったりもします。

■階段地獄と言われていたけど実はすごく楽しいコースでした

今回は。。。。90段ある階段を駆け上るコース設定が。。。ヨシノリ店長涙目。今の「わがままボディ」(ここ4年で約8キロは増量してます)には辛すぎます。実は今回のコースはこの「階段セクション」が話題となったのですが、むしろここ以外の公園の地形を利用した、テクニカル要素が満載でシクロクロス車で走るのがとても楽しコースとなっていたのが印象的でした。クリアするのに適度にテクニカルで、初心者でも難しすぎず、スピードを出そうとすると組み立てが必要な難しいコースになるという絶妙な設定でした。3月の最終戦も行きたいですね。。。

■さてさて会場へ

さてさて。。。6時にお店を出発して9時ごろには会場に着きました。大抵の自転車競技をかじってきているヨシノリ店長は、会場で知り合いに多く遭遇します。ちなみに以前は最高カテゴリーに居た事もあるのですが。。。この4年間一切レースに出て居なかったので、徐々にカテゴリーを落として一番下の「カテゴリー4」での出走です。

「ああ、カテゴリーが落ち切ったんですね」

「カテゴリー詐欺だろ」

「勝たなきゃ嘘でしょ」

「大きくなったね(お腹が)」

暖かいお言葉をいただきました皆様ありがとうございます。皆様のお言葉のおかげで私のお腹はドンドンと成長して参ります。

これは体幹です。

リアのチューブラータイヤがモゲてしまったけど、うまくリカバリーして走って4位にまとめた仲野さん。シクロクロスは2戦目かな?元々ダウンヒルエリートだった筈なのでバイクコントロールの巧みさは流石でしたね。

ヨシノリ店長は溢れる体幹(お腹のお肉)と大人気なく老獪な昔ながらのイヤラシイ走りを見せつけ、途中1位と8秒差まで詰めたものの、後方から観察していても「フィジカルとテクニック共にあるライダーだなぁ」と感じていて、どう組み立てようかと思ってプッシュした瞬間に転びました(笑

そのまま離されて30秒差ほどつけられての2位でした

シクロクロスは運動会みたいで楽しい

最高カテゴリの「C1」でも60分のシクロクロスは本気でやれば、どこまでも「真剣」になれるレースですが、1時間の全力走ができれば良いので(長時間のロードワークが必須ではないから)ビジネスマンでも取り組みやすい自転車競技でもあるのです。

また、レース会場も地元名産品の屋台が出たり、ファミリーでも楽しめるよう担っています。実際お子様づれの方も多いですよ。真剣な競技でも雰囲気はどことなく「運動会」なのがシクロクロスの魅力です。

一応その昔最高カテゴリに居た事もありますので、もし良かったら色々聞いてみてくださいね。


-イベント, ブログ

Copyright© サンクスサイクルラボ西葛西店|葛西・浦安で自転車屋をお探しなら , 2018 AllRights Reserved.