トレック エモンダ SL5|予算30万が確保できれば迷わずおすすめ!


予算30万がとれるなら迷わず「SL5」

トレックエモンダSL5(2017)RED

店長はバイクがオススメですか?よく聞かれるのです。どちらかと言うとレース派だったヨシノリ店長の答えは…。

車体予算30万が取れるなら迷わず「エモンダSL5 ¥299,000」です。なんのギミックもないシンプルなエモンダシリーズの上から二番目のグレードの高性能カーボンフレームに必要にして十分なシマノ105のコンポが搭載されています。

エモンダのフレームは4種類に別れます。ひとつ目はフラッグシップモデルである「エモンダSLRシリーズ」700 シリーズのOCLVカーボンを使った最軽量モデルです。その次が今回紹介する「エモンダSLシリーズ」です。500シリーズOCLVを使用したフレームは、扱いやすさと現実的な価格のバランスが良いのが魅力です。組み合わせるコンポーネントによりSL7/SL6/SL5といったグレードに分かれますがフレーム自体は共通です。(エモンダSシリーズとALRシリーズについては、またの機会に)

 

エモンダSL5シルバー(2017)

 

エアロ効果や振動吸収性などの疲れなさを取ると、ドマーネやマドンなどの選択肢もあるのですが、1日4時間から5時間の荒川ライドをキッチリ気持ちよく走りきる!そんな使い方ならエモンダのシンプルさと切れ味は魅力です。何より「硬派」な感じが良いじゃないですか。勝負する時の武器はシンプルな物がエエのですよ。エモンダはエエもんだ。

女性に例えるならちょっと地味目なクールビューティ。男性に例えるなら言葉少ないイケメン。※ヨシノリ店長はイケメンではありません。

エモンダシリーズに共通する絶妙な走りの良さ

エモンダの魅力を語るなら「ともかく思った通りにやりたい事がイメージ通りにできる」これに尽きます。そしてこれを実現しているのは、アルミだのカーボンだのといった「素材」ではありません。スケルトンと言う寸法の数値が絶妙な事だと思います。

もしレース参加を考えていて、いいコンポが搭載されているバイクが欲しい。もう既にアルミバイク時代に買ったホイールはいいのを持っている。そんな2台目候補を探されている方には、SL5と同様のフレームにシマノアルテグラを組み合わせた「エモンダSL6 ¥339,000」が魅力的です。

トレックエモンダSL6(2017)

エモンダSL6(2017)ブルー

エモンダの話はいくらでも出来ますので、迷われている方はぜひお店に遊びにきてくださいね。


投稿日:2016年12月16日 更新日:

Copyright© サンクスサイクルラボ西葛西店|葛西・浦安で自転車屋をお探しなら , 2017 AllRights Reserved.