最新フルサスバイク!Supercaliber 新登場!

投稿日:2019年9月6日 更新日:


 

超軽量のフルサスバイクSupercaliberが発表!

ワールドカップなどでヨランダ選手などが、サスペンション部にゴムのカバーをして走っていた話題の新型フルサスバイクSupercaliberがついに情報解禁となりました。

フロント100mmは標準的なXCバイクのスペックで、リアストローク60mmというのはカタログ値から見ると「少ないんじゃないの?」「中途半端じゃないの?」古のMTB乗りは思ったりもするのです。何故なら激化する下りに対応するためにストロークが伸びていく傾向にあるのです。
ただやはり100mm程度のストロークのサスペンションであっても「ちょっと重いな」「ダイレクト感がないな」とハードテールを選ぶライダーは国内レースに数多くいます。

 

ある程度「登らされる状況」ではペダリング効率も大事です。サスペンションユニットのダンパーとピポットのみで効率を出すのと「フレームの構造」でペダリング効率を編み出すのでは雲泥の差があります。

ユニット全体を包み込むようにフレームが存在し、ねじれ剛性は非常に高くなっています。つまり「必要な方向にのみサスペンションがストロークする」ので、通常のリアサスバイクよりも効率の良い動きが出来ます。当然ペダリングも軽いでしょう。

今年のTREK WORLDでヨシノリ店長一番テンション上がったのはこのバイクです。情報解禁日が待ち遠しくて仕方ありませんでした。
元々MTBのXCレースからレースキャリアが始まっているヨシノリ店長。このバイクを見た瞬間に思ったことは「日本のレースサーキットにぴったり!」です。
外国のレースほど下りが激しくなく、ペダリングセクションが多い日本のレース。店長の身の回りのライダーでも「フルサスにする」「ハードテールにする」を常に迷い続けているライダーが数多くいます。
恐らく海外のサーキットであれば「フルサス一択」になるのでしょうけど、国内だとハードテールに分があるレースが多いのです。でも下りはフルサスになって欲しい。。。。そんな不満を解消してくれるバイクが登場しました。

これは、、、、本気で楽しみなバイクです。
車体の入荷は11月頃を予定しております。

詳しいスペックは こちら をご覧ください

 


-ブログ, マウンテンバイク

Copyright© サンクスサイクルラボ西葛西店|葛西・浦安で自転車屋をお探しなら , 2019 AllRights Reserved.